fc2ブログ

◆信州松代 みやざき農園◆ ~畑の日誌~

長野市で四季折々、年間100種類以上のオーガニックな野菜たちを、まごころ込めて育てます。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【2022年度総括と2023年度行動計画】

自分自身への記録なのでつまらない内容です。
2022年度の総括と2023年度の行動計画をまとめ。

■2022年の行動計画
① 売上高800万円以上
② 栽培品種200種類以上
③ 野菜セット月間発送数230ケース以上の月が4か月
④ お中元、お歳暮セットの実施(まずは各時期5セット以上を目標)
⑤ 野菜セット追加オプション注文受付
⑥ 野菜セットの出荷制限をなくす(端境期を作らない)
⑦ ブログの更新月1回以上
⑧ 週休1日の確保
⑨ お客様との関係性をより深くするための新しい行動を1つ以上実施
⑩ 研修生1名受け入れの実施
⑪ 野菜セットのリニューアル実施
⑫ 野菜の販売以外の新規事業立ち上げの布石を作る(コロナ禍のリスクヘッジ)

■上記行動計画に対する結果は以下の通り
① ○売上高866万円
② ×80%程度かと
③ ×計画を「発送数を抑え、単価を上げる」に変更したため
④ ×未実施
⑤ 〇達成(自家製味噌の追加注文が予想以上にいただいた)
⑥ ×未達成(新型コロナウィルス陽性により10日間の出荷停止
⑦ ×未達成
⑧ ×未達成
⑨ ○達成(積極的に直接お客様と会った)
⑩ 〇達成(ただし5か月で終了)
⑪達成(3種類から6種類に)
⑫×未達成
■実現できたこと分析
①売上に関しては計画830万円に対して866万円。達成率106%。
要因は以下と考える。
・個人宅配の前年度からの会員様の継続率が高いこと。
・野菜セットリニューアルに伴い客単価が上がった。
・飲食店様のお取引が微増
・地元直売所への出荷量を増やした。
・作業効率の改善により生産・出荷可能数が微増

■実現できなかったこと分析
②栽培品種に関しては今年も栽培計画に基づいて計画的に栽培ができなかった
④「お中元、お歳暮セット」に関しても事前準備が遅く間に合っていない。
⑦ 「ブログの更新月1回以上」に関しては意志の弱さ。
⑧ 「週休1日の確保」に関しては、今年も無理でした。

以上2022年度の結果でした。

さて2022年度の行動計画です。

■2023年度行動計画
① 売上高850万~900万円
② 栽培品種150種類以上
③ 野菜セット年間発送数1700セット。商品単価2600円以上
④ 営業利益率35%以上
⑤ ブログの更新月1回以上
⑥ 40%以上のお客様の顔を知る(直接会う)。
⑦ 野菜の販売以外の新規事業立ち上げの布石を作る。


2023年度の重点課題は
「利益率向上」と「商品の品質向上」です。
■「利益率向上」について
今までは生活するために最低限必要なお金があればいいと思い、細かく経費管理ができていませんでしたが、結果として有事の際に備えての貯金が全くできていないので、経営を安定させるために来年以降は少しずつ貯金をしていきたい。
売上に関しては自分の試算する目標売り上げ850万円に達したため、必要以上の売り上げを追求しない。逆に利益率の改善により、営業利益35%(約300万円、農場長の年収となります)を目指す。
現状は売上げが増加してもそれに伴い経費も多すぎていつもお金が残らない(涙)。もう少し余裕を持って営農できればと思います。
そのために必要経費のコントロールをより意識して無駄を減らす。
■「商品の品質向上」について
 我々の主力商品である「お任せ野菜セットの定期便」。初年度から9年間やり続けてきた結果、現在会員数約130名(稼働人数約110名)。ただし「野菜セット」は我々の販路の中で最も手間がかかる商品である。現在の品質下げないために、今の我々二人の実力ではこれ以上積極的に新規のお客様を増やすことはできない。むしろ今関わっているお客様への満足度を一層向上させたい。したがって来年度の新規会員様数は10名前後と見込んでいる。
 また、野菜の栽培に関しても、もともと技術がないことに加えて、できるだけ余計なことをしないで育てたいという信念で行っているため、秀品率も低く、栽培ロスが非常に多い。 
 来年度以降は作付けをよく吟味して、「数打てば当たる」方式を改め、一つ一つの野菜たちをしっかりと管理し、適切なケアをすることで、無駄を減らし生産性向上を図りたい。


我々のミッションは「農と食を通じて笑顔あふれる社会の循環をつくる」こと。
売り上げはそれを実現するために必要なものであり、自分たちの私利私欲のためではない。
だから妥協せず、自分たちにできる最大限の努力をし続け、日々成長し、それを実現してきた。
創業から変わることはない理念。

来年度も我々の野菜でお客様が笑顔になれるよう努力と創意工夫を継続してまいりますので引き続きお付き合いいただけると幸いです。
スポンサーサイト



Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

 【夫婦二人だけの小さな農業経営~新規就農からの中長期計画~】

誰も期待していないとは思いますが、自分への記録用に書いているブログ。
今年も毎月ブログを更新する目標を達成できず、結局3か月放置してしまいました。
そして今年もあっという間に最後の1か月となりました。
今年の総括は次回としますが、いろいろトラブルありながらも、結果的に今年も数字上は何とか当初の計画通りの着地ができる見込みです。
脱サラ後、新規就農して8年8か月が経ち、ギリギリですが何とか農業で生活をさせていただいている状況ですが、経営的にもようやく新たなステージに向かうことができるのではないかというところです。

私の農園経営の前提としては
●完全無農薬・無化学肥料で野菜を少量多品目栽培
●個人向け・飲食店向けを中心とした販路  
●専業農家の農場長1名と兼業農家の嫁の二人だけの人員
雇用もしなければ、年商1000万円以上も追求しないごく小規模な農業経営です。

自分の中で農業経営を開始する段階で、それを継続していくために創業当初から3年間隔で様々な計画とシミュレーションをしてきました。
その中で成長のステージを以下のように設定してきました。

■1年目~3年目
 農業経営の土台作りのステージ
 「出荷できる野菜を生産する」「作付け方法の確立」「必要資材への投資」「作業における仕組みづくり」
■4年目~6年目
経営維持に必要な母数(売り上げと顧客数)を増やすステージ。
 「売上の確保」「安定的な顧客確保」「作業の効率化」
■7年目~9年目
 農業経営をより安定させるための効率化・生産性向上のステージ
 「売り上げ確保」「作業の効率化」「顧客満足度の向上」「経費コントロール」

この9年間は自身の農業経営の骨格作りを重点に行動してきました。
ここまではおおむね想定通りの形にできたのではないかと思います。

それを踏まえて来年度以降の3年(10年目~12年目)は、
より経営の中身を分析・精査し、同じ経営規模を維持しながら今まで以上に「品質と生産性を向上」に重点を置き、世の中の情勢に影響されない安定的農業経営が継続できるための仕組みづくりのステージにしたいと思います。

具体的に述べると、売上は当初の計画であった800万円を達成できたので、売上に関してはこれ以上追求せず、この800万円という売り上げの中身の質を追求していこうと思います。より具体的な目標としては、
●売上800万円で利益400万円以上を目指す。
●完全週休1日、月間労働時間200時間以下。
●顧客満足度の向上。野菜セットの継続率90%以上

この目標を実現するために、もう一度自身の経営の中身を冷静に分析し、数字で明確にするのが今年の冬の大きな仕事になります。

農業に限らずどんな業種でも経営は決して簡単ではないと思います。
しかしながら我々を必要としてくださるお客様がいる限り、安定して継続することは一つの使命だと勝手に思っているので、しっかりと自分たちの農業経営を分析し来年以降も楽しくお客様と関わっていきたいと思っております。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【正しい謝罪の仕方をお伝えします】

会社員時代には当たり前だと思っていたことが通用しないことが意外とある。
その一つに「謝罪」がある。
サービス業に長く携わっていた私は幾度となくお客様のクレーム対応をしてきましたが、クレームを出したお客様の9割は常連様となる法則を身につけました。
本気の謝罪は伝わるのです。
しかし社会的には評価されている経営者であっても、正しく「謝罪」ができない人がいます(あるいは本気で謝罪する気がないのかもしれません)。

そんな「本気の謝罪」を知らない方のために、「正しい謝罪」の仕方をお伝えしておきます。

人間誰でも過ちはある。自分の能力以上の仕事を抱えて判断を誤ったり、ミスをしたり、うっかり約束を忘れてしまうこともあり得る。あってはいけないことだと理解していても稀に過ちは起こることがある。
だから相手に重大な過失をしてしまったら直ちに誠意をもって謝ろう。
それまでの関係性の中である程度の信頼関係が構築されている前提で、本気で謝罪すれば1度や2度の失態ならば9割許される。正確に言えば挽回するチャンスをいただける。
なお誠意を伝えるためにも、謝罪はメールではなく、電話でしましょう(取り急ぎメールでの謝罪はあり)。直接会って謝罪するのが基本ですが、状況により電話での対応になる場合もあります。
不快な思いをさせてしまっている時間も相手の時間を奪っているので、先延ばしせず謝罪はできるだけ早急に行うのが良いです。


【謝罪の手順】
① 「ごめんなさい」と謝る

これは当然であるが、それだけでは真の謝罪とはならないし、何の誠意も伝わらない。
謝罪の言葉の後の行動が重要である。

② 相手の言い分をよく聞いて理解する。
③ 何故そうなってしまったのか(原因)を分析して説明する(言い訳ではない)。
④ どうすればよかったのかを説明し、本来あるべき姿を理解していることを示す。
⑤ 今後どう改善して信頼を取り戻すのか(誠意を伝える)を提案する。

手順⑤までの行動がない謝罪は全く意味がないといっても過言ではない。誠意が見られないと言われても当然である。
特に重要なことが⑤の「今後どう改善して信頼を取り戻すか」

これは相手にもう一度だけチャンスをもらって、同じ過ちをしないということを示すことである。
この最後のチャンスをいただくために心からお願いをすることが真の謝罪への入り口である。

そこまで到達しない人は「謝ったからそれでいい」という程度の感覚であり、本気で反省していない人であるとみなされる。少なくとも私はそう理解する。

大切なことは、「マイナスになった信頼をプラスに戻すこと」である。
「謝罪の言葉」だけでは何も変わらない。マイナスになった信頼残高はマイナスのままであることを忘れてはいけない。
心から反省し、挽回のチャンスをいただき、同じ過ちを繰り返さないということを行動で示して初めて信頼残高はプラスマイナスゼロに戻る。
つまり相手は本気で反省していることを認めることができる。

お互い敬意と礼儀をもって末永く気持ちよく仕事をできたら幸いです。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【売り上げ目標について】

久しぶりに経営の話。

就農9年目。
毎年前年の自分を越えることを目標に日々PDCAをし続ける。
その結果は当然、数字となって現れる。
2022年7月現在、今月も月間売上高過去最高金額を達成できた。昨年超がんばってたたき出した売上を、今年も超えることができた。前年比も100%超えている。中身はいろいろと反省点が多いが、結果は出せている。

農業経営の第一目的は「売上」ではなく、「お客様の笑顔」
私にとってこれは最初から変わらない前提である。
それでも「売上」はその思いを継続し続けるために必要なものでもある。

自分にとって「適正な売上」とはどの程度なのかを就農した頃から考え続け、今現在私に適正な「売上」は800万円前後かと考えている。

実際は「売上」よりも重要な数字は、「利益」である。
「利益」は自分生活に必要なお金を得ることと、事業を継続するために必要である。

800万円の「売上」でも、経費が700万円であれば「利益」は100万円。
500万円の「売上」でも。経費が100万円であれば「利益」は400万円。

つまり、いかに自分にとって必要な「利益」を確保するかが重要である。
1000万円を売上げる方法は知っているが、それを求めて農業をしているわけではない。

そんな前提の中で、私に必要な年間の生活費および、今後事業を継続し続けるために必要な費用を考えると、必要な「利益」を400万円と想定している。
大した物欲のない私には年収400万円あれば充分笑って暮らせるということ。
その400万円の「利益」を確保するために必要な「売上」が、今の私の実力の場合、800万円くらいなのかと考えている。

昨年就農8年目にしてようやく「売上」800万円を達成した。
しかしながら利益は400万円とはならなかった。
次のステップはいかに適正な経費管理ができるかだと思っている。
今後の売り上げ目標は800万円~900万円程度を上限として、いかに中身をブラッシュアップして、効率化を図り、利益率を上げるのか。それが私の課題である。
これは経費管理も重要であるが、適切な作業割当も重要である。
今は相変わらず無駄が多い。
リスクヘッジのために種まきを多めにする、野菜を想定よりも多く作付けする。
それは技術不足を補う手段である。
あるいは、野菜をたくさん作付けしてみたが、結果として想定よりも収穫量が多く、手が回らない状況となり、結局無駄な手間と経費を浪費していることになる。これは計画の精度が低いことが原因である。
来年以降に向けてもう少しそれぞれの適正値を意識しようと思う。

こうして日々、数字と行動を意識して振り返って、改善し続ければ、結果は良くなる。
そう信じて今後も自分らしい農業、自分にあった農業経営を追求していこうと思う。

今年の「売上計画」も830万円。
現在計画比108%。
毎年予期できない様々なイレギュラーなどはあるが、それでも日々細かい反省と修正をし続けて、結果が出せていることは自分の実力だと思っても良いだろう(大した目標ではないが)。

自分には大した能力がない。だからこそ日々のコツこととした努力を積み重ねるしかない。
若かりし頃からそう思いながら、積み重ねた結果が今の結果につながっている。

「努力は人を裏切らない」
好きな言葉の一つである。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【継続こそ力なり】

4月のブログ、ギリギリ間に合いました(汗)

「継続こそ力なり、日々の努力は継続されることにより信用を生み、信用は力を生む」

前職の会社の理念の一つであり、好きな言葉に一つです。


私は農園開業時から毎日facebook(と数年前からInstagram連携)で畑の様子を発信することを決めて、8年間欠くことなく現在まで継続しています。
私のような小さな農園でも、ホームページやSNSなどにより、多くの方に必要な情報を簡単に提供することができます。
この目的は私の野菜をご利用いただいているお客様に少しでも日々の畑や農場主の様子をお伝えするためと、自分自身の作業日誌として記録に残すためです。つまらない内容ではありますが、そのおかげもあり、素敵なお客様との出会いのチャンスをいただき現在に至ります。

一方で、このような方法で気軽に情報が入手できることのデメリットも多く感じております。
直接コミュニケーションのない情報というものは、良い部分のみの情報だけを発信することができたり(ネガティブな部分は隠すことができる)、情報自体が誇張されていたり(嘘ではないが大げさであったり)、現実とは異なる場合があることも多いと感じます。
また、発信している人のメッセージと、その人間性が一致しないというケースもあると思います(SNS上ではとても素晴らしいことを述べているが、実際に関わってみると不誠実であったり・・・)。

だから私は、基本的にはそういったネットなどで発信される言葉をすぐに信用しません。
それが本当であるかどうか、信用するに値するかは実際に相手と会話をして確かめることにしています。
また私自身、大げさに情報を発信することなく、淡々と状況を発信するよう意識しています。
例えば、無農薬だから美味しいとか、安全だとかは言わない。もちろん自分自身はそのような野菜たちを食べたいからそういう野菜づくりをしている。但し決めるのはお客様であり、判断するために必要な情報をお伝えすることが私の役割であると考えています。

もう一つ私の農園では開園時から変わらず実施していることがあります。
私の農園では、野菜のお問い合わせがあると必ず電話で会話をするようにしています。基本的に電話や直接お会いして会話をしない方との取引はしないと決めております。
大変面倒なシステムで申し訳ございません。

その代わり、結果としてそうしたプロセスを経てご縁をいただいたお客様やお取引先様の多くは長期間のお付き合いとなっており、そういった素敵なお客様、お取引先様との関係が少しずつではありますが年々増え続けることで、私たちの確固たる基盤となっております。

突然ですが、こんな情報だけで信用しないでください!

「野菜の写真が奇麗」
「伝えているメッセージが素晴らしい」
「発信している文章に書かれているこだわりがすごい」

仮に私の農園に興味を持ってくださるきっかけが、このような誰が見てもわかりやすい情報であったとしても、これらはごく一部の情報であり、興味を持っていただくきっかけとなることは大変嬉しいことですが、これだけで判断しないでください。

発信されている情報が本当かどうか直接確かめてください!

我々は非常に頑固な農園です(笑)。
誰にとっても優しい農園ではありません。
お互いが共通する価値観を感じることができたら、素敵なお付き合いをさせていただきたいと思っています。逆にギャップを感じたならばお付き合いすべきではないと思っています。

こちらも同様にして、お客様を選ばせていただいております。
価値観が合わないお取引先様、お客様とはお付き合いしないことにしています。
途中で価値観が変わったと感じた場合、信用できないと感じた場合もお取引を止めさせていただいております。
偉そうで恐縮ですが、お互いにとって気持ちよく、継続的にお付き合いするために必要なことだと思っています。
私は私の野菜を心から必要としてくれる方のために野菜を育ててお届けしたい。そうでない人のために毎日必死に汗をかいて、命を削って、苦労して育てた貴重な野菜たちを譲りたくない。
ただそれだけです。

開園から変わらず継続していること。
大した行動ではありませんが、改めて振り返ってみても変わらないことの強さ・安定感が我々の強みであり(欠点でもある)、現在お付き合いのあるお取引先様やお客様との素晴らしい関係性が継続されています。
信頼を得るのは簡単ではありませんが、信頼を失うのは簡単です。

だからこそ、
「継続こそ力なり」

誰でもできることを、信念をもって変わらずやり続けること。
すぐに結果は出ませんが、数年後に大きな差別化となることだと実感している9年目の春です。


春のカブ