FC2ブログ

◆信州松代 みやざき農園◆ ~畑の日誌~

長野市で四季折々、年間100種類以上のオーガニックな野菜たちを、まごころ込めて育てます。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【脱サラ就農5年目~2018年農業経営まとめ~】

2018年度総括

新規就農5年目の12月も終了です。
結果からご報告させていただくと、おかげさまで今年もなんとか2018年度の売り上げ目標を達成することができました。

★5年目売上高【計画】
6,000,000円
★5年目売上高【実績】
6,017,298円(予算達成率103%、前年比約120%)


2018年度売上実績



以下長文となりますが、振り返りの一部です。
気興味のある方はお付き合いください。


【良かった点】
・相変わらず雇用に頼らず、兼業農家の副社長(妻です)と二人で計画を達成したこと。
・「毎週月曜日を半休」を完全取得したこと
・個人宅配のお客様が増えたこと
・飲食店様のお取引が増えたこと
・直売所への出荷量を頑張って増やせたこと
・18馬力トラクター(160万円)を購入できたこと
・マルチャー(50万円)を購入できたこと
・玉ねぎが豊作であったこと

何より個人宅配のお客様が多少の入れ替えはあるものの、年々増えてきているのが嬉しい。ついに1か月のセット数が100セットを越えた。飲食店様もほとんどが毎年継続でご利用いただけてありがたい。
さらに今年はご近所で前から気になっていたレストラン「フローリア」さんと野菜のお取引が始まったことも嬉しい。
直売所への出荷はなかなか手が回らず、毎年1店舗のみ不定期で出荷していたが、今年は頑張って2店舗へ比較的長期間継続して出荷することも頑張った。
結果として売り上げ増に寄与。八百屋さんに関しては現状維持でこれ以上お取引先を増やさないと決め厳選してお付き合い。ただし11月に京都から軽トラで畑に来た方はその情熱に心打たれ、お取引開始。「八百屋一期一会」様、また面白い方との出会いができました。

【課題点】
・販路は増えましたが、生産は相変わらず想定通りにはいかず野菜不足。
・毎年の課題であるが1月~4月の農産物が少ない(期間中売上40万円弱)。
・7月、8月の猛暑と干ばつで「ナス。ピーマン」失敗。
・7月、8月の猛暑と干ばつでキャベツ、白菜、カリフラワーなどの苗づくり失敗。
・8月実施予定のギフトは今年も実施できず。事前準備は冬にやらねば間に合わない。
・9月の台風で葉物野菜がほぼ全滅。
・12月の年末ギフトの事前準備が遅れたため、案内も遅く、計画数を販売できず。
・同時期に揃えられる野菜の種類が少ない(常時20種類以上が目標)。

今年は5年目ということで、初年度からの推移も分析してみました。

売上高推移



初年度があまりにも低い計画から始まっておりますが、毎年「昨年の自分に勝つ」というのは厳しい戦いであり、毎年「限界からあと一歩」の気持ちで駆け抜けている次第です。
そんな中、年間目標を定め、ブレイクダウンして日々の目標を意識して行動することで、結果として夢に近づく。前職でたたき込まれた手法が間違いなく役になっております。ありがとうございます!

さて年々上がる計画に対して、だんだんとそれを越えていくことは困難ですが、成長する努力を止めたら成長は止まるので、達成するためにあれこれと頭をひねりつつ、
いつも考えていることを改めて整理しながら、来年に向けてすぐに動き始めたいと思います。

売上を上げるためには以下の行動が必要だと思われます。
① 売り上げ単価を上げる
② 作付け面積を増やす
③ 生産性向上
④ 野菜の生産以外の新規義業を立ち上げる。


最も簡単な方法が①であるが、この選択肢はない。
農園の理念の一つに、
“美味しくて健康的な旬野菜を気軽に食べられる世の中に貢献する”
という項目がある。
有機野菜だから価格が高いのが当たり前ではなく、日常的に利用して意味のあるものであるから、品質を高めつつ、できるだけ価格を安くしたいというのが一般庶民の味方、農場長の想いである。
確かに手間や販売方法の非効率さを鑑みると、どうしても一般的に流通する野菜のように価格を抑えるのは難しいのも事実である。そこを努力と工夫と根性でコントロールするのが経営手腕だと強がり続けます。

②に関しては、私の地域において、自分たちの条件に合う畑を借りることは簡単ではない。自分でコントロールすることが困難な部分である。

したがって、自分次第で何とかなる③と④を日々模索し続ける。
➃は応用編として一旦保留して、まずは百姓として「生産部門」での基盤を固めることが重要である。したがって、今年も③の「品質を落とさずにいかに生産性を向上させるか」を最重要課題として取り組みました。
生産性を上げるためには、「雇用」によってできることを増やす方法が最も簡単ではありますが、ストイックな農場長は「雇用」に関しては除外。まずは自助努力で生産性を上げていきたいと考えています。今の条件でどれだけ「昨日の自分を越えられるのか」。難しい課題だからこそ挑戦したくなります。そして今年、農場長には秘策がありました。それは「機械化」です。新規就農してから今まで割と原始的な道具と手法で戦ってきました。1年目は土を耕すのに「鍬」、草を刈るために「草刈り鎌」。それから売り上げが上がるごとに少しづつ便利な道具を導入し、今年はついに「18馬力の新車トラクター」と「管理機タイプマルチャー」という高額な機会を購入することができました。これにより、作業時間の短縮が実現し、結果として売り上げを過去最高額に伸ばすことができたと思います。
それと並行して、生産性を上げる方法として、一見反対の方法を実践しました。それは「労働時間を減らす」ということです。昨年より「毎週月曜日は半休」という制度を導入し、今年も何があってもこれを守り、かつ、猛暑が続く夏の日々はできる限り午後は仕事をしないようにしました。このことにより、疲労の軽減と、限られた時間しか作業ができないということで、逆に働く時間をより集中して大切に使うようになったと思います。
そういうわけで、「機械化」と「労働時間の制限」という方法で昨年よりも生産性を上げることができました。


今年も特に目新しい挑戦はせず、愚直に野菜たちと向き合った1年。

いつも意識していることです重要なこと。
「売上は農業をする上の第一優先ではありませんが、お客様に美味しくてワクワクする野菜を提供するために必要な資源として、損益分岐点を死守することは事業を営む者の責任」だという認識です。

今年目標とした数値600万円は損益分岐点よりも少し上の数値。
のはずでしたが、結果的に資金面ではギリギリとなってしまいました。その原因は、配送料と資材、原油価格の高騰もありますが、お取引先様やお客様が増えることで、お付き合いのための資金も増えるということでした。しかしながらこれは必要経費。とにかく来年は経費の使い方をもう少し意識して、無駄のないようにやりくりしたいと思います。


売上は「ありがとうの数」
利益は「夢を実現させるための手段」

来年は売上高目標670万円として、贅沢は望みませんがお金に縛られず、自分の器を一定に保ち、その器からあふれたお金をお客様や自分以外の方還元できるような農園でありたいと思います。あふれるのはいつになるやら~。

凡人でもなんとか農業経営を続けられる、という一つの参考事例になれば幸いです。
来年も引き続きご指導と応援をよろしくお願いします。


信州松代みやざき農園
代表 宮﨑康介
スポンサーサイト
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

2018年度もあと僅か、目標達成まであと僅か。

脱サラ就農して4年8か月。
2018年度は5期目で決算月は12月です。

5年目の売り上げ目標は600万円。

◆上半期(1月~6月)
 スタートダッシュの4月に苦戦しましたが、概ね順調な推移。累計予算を若干プラスで下り貸すことができた。
◆下半期(7月~12月)
  8月の猛暑と干ばつ、9月の台風で大苦戦。
  焦燥感と闘いながら、気持ちを切り替えて何とか10月、11月で巻き返す。


 さて最後12月も残り僅かというところで、毎年のことながら苦しい状況は続く。
 
キャベツ、白菜、カリフラワーといった高単価の野菜が夏の失敗で12月に出荷できず、売り上げが伸びない。 

ここから120%頑張る!!、という前提で、31日までの売上をシミュレーションしてみる。
 
 予算達成まであと6万円足りない。

 さてどうしよう。

宮崎康介


  ・今頼れる野菜は、「人参」「大根」「菊芋」
  ・今頼れる加工品は「自家製手前味噌」
  ・あとは「年末感謝セット」を10セット以上販売すること。
  ・単発での野菜セットのご注文にも期待!
 
最後は神頼みか?

「やると決めたことは最後までやり遂げること」

売上を追求することは本来の目的ではありませんが、最後は、自ら決めた最低ラインをクリアすることにはこだわりたい。

気持ちよく来年をスタートさせるために・・・。
 
皆さま、何卒応援よろしくお願いいたします!!

急なご注文、大歓迎です!!!





Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

今年度も残り2か月になります(経営数値の話)

小さな農家の小さな年間目標。
脱サラ就農5年目の計画は売上高600万円。経常利益250万円。
 
9月までの結果。
  5勝4敗(累計予算達成率98.02%)

 10月末の着地見込みは勝ちではあるが、累積赤字をすこしでも埋めていかなければ残り2か月が厳しい。累計達成率99.3%越えで11月を迎えたい。
 

ここでいよいよ登場なのが、「ダルマ」。
今年の7月に盟友「八百屋つばくろ」さんが援農に来てくれた時にいただいた「オレンジダルマ」。本来はすぐに願掛けすべきであろうが、あえてその力を今まで借りず、何とか自力でもがいてきた。いよいよゴールが近づき、最後のもう一押しをこの盟友からのダルマに頼もうと思う。


29日大安、ダルマに命を吹き込みました。

高崎ダルマ


何度転んでもただでは起きない!
 さあ、これで正月は笑って過ごせるはず!

皆さま、この小さな農園をいつも応援ありがとうございます。
そして引き続き応援よろしくお願いします!
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【就農以来のピンチ!?チャンス!? 資金調達】


今年は猛暑と干ばつに加え、先日の台風21号で畑のダメージは就農以来最も過酷な状況。
ダメになった野菜、あきらめた野菜数知れず。
自然相手の仕事なので想定外が当たり前。
それを言い訳にしても何も解決はしないので、起こりうる問題はすべて自分の中に原因を見出して、何が問題であったのか、どうすべきであったのか、今後どう改善すべきなのかということに対してしっかりと向き合っていこうと思っております(強がっていますが・・・)。

さて本題です。
偶然このタイミングで銀行から資金調達をさせていただきました。

脱サラして2014年4月より新規就農して5年目。
資本金ゼロ、貯金ゼロ、昨年度売上高500万円というちっぽけな百姓です。ただし農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)という国の事業を利用しており、今年までは年間150万円の助成金をいただいているため、資金ゼロでも長期的な経営計画の中で営農することができております。もしこの事業がなかったら、就農開始時期が2年遅れていたと思いますので、新規就農者にとっては大変ありがたいです。

就農以来借り入れはせず、現金とクレジットカードを駆使して何とかお金のやりくりをしてきました。
1年目からの高額投資としては、ビニールハウス(1a規模)3棟、育苗用ハウス(2間×6m)1棟、道具小屋1棟。ここまでで約200万円。そして今年管理機型マルチャー1台と18馬力トラクター1台を購入。合計で400万円ちょっと。助成金等を利用したため、実際の負担額は300万円程度。
その他細かい投資資材もありますので、営農において設備投資にかかる費用としては概算1年間で100万円ほどになるのでしょうか。それ以外にも種代や段ボール代、袋代、配送料など経費は売り上げの半分はかかります。
5年目のタイミングで管理機型マルチャーとトラクターという大きな投資を実施。これは就農5年目までが利用できる長野市の農業機械に対する補助金(最大80万円)があったため。併せて210万円という購入資金は当然持ち合わせていない。来年の4月まで待てば自己資金での支払いめどが立つ。そんな状況の中、今購入するためにどのように資金調達しようか迷っていました。
「農家といえば」、の金融機関へ相談に行きましたが、手続きが割と複雑かつ借り入れまでの時間が数か月かかりそうだったため断念(一番は担当者とのフィーリングが一番の要因)。結果的には半年以内に返済するという約束で5年目にして初めて妻の両親に借金をさせていただきました。
結局自分の力だけではどうにもできない未熟さに悔しい気持ちではありましたが、利用できる補助金を無駄にもできないということでの決断。

そんな折、最近になってホームページ経由で地方銀行の営業の方から事業のサポートと資金融資のお話しをいただく。せっかくの機会なので決算資料を持参して経営状況と今後の見込みを説明させていただきました。基本的に借金はしたくない性分なので、今までも自分の身の丈の範囲でできる方法でやりくりしていましたが、結果として金利1.1%という超低金利で融資をしていただけるというご回答をいただいたので、今取り急ぎ運転資金に困っているわけではなかったのですが、100万円の融資をしていただくことを決断しました。資金調達の期間、たった半月!
 こんなちっぽけな農家に銀行が無担保でお金を貸してくれるなんて考えてもいませんでした。

ジャガイモ掘り


「みやざき農園のビジネスモデルと将来性をかっていただけた?」

と勝手に前向きな解釈をさせていただき、2年間での借り入れを実施しました。
結果として、金融機関との接点ができたため、今後のビジネスの展開次第でいろいろと相談させていただける窓口ができたと思います。また、借り入れの実績をつくることで次の資金調達が容易になるのかと想定しております。
まだ妄想の段階ですが、新しい事業の拡大も視野に入れつつ、今の苦しい状況を乗り切ろうと思います。

まずは調達した資金で金利15%のクレジットカードのリボ払いを完済です(笑)
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【2018年度上半期決算速報~脱サラ5年目の実態~】

新規就農5年目。
毎年前年比を越えなければというプレッシャーを自分に課し、PDCAを繰り返しながら、雇用をせず、農場主と兼業農家の副社長の2名体制でどれだけ農業経営を安定へ持っていけるのか挑戦中です。
「売上」=「ありがとう」の数
農業経営の第一目的は「売上」ではなく、「お客様の笑顔」
【2018年上半期(1月~6月)売上速報】
売上高1,971,768円(前年同月1,734,288円)
前年比113%
販売単価:推定125~130円
販売袋数:推定15,200袋
短日売上最高額:6/25(月)57,030円  (昨年度最高日販:6/12(月)79,972円)
月間売上最高額:6月870,480円     (昨年度最高月販6月804,049円)
【サマリー】
毎日真剣勝負!
そしていつも周囲の方に助けられている!
1月~3月野菜ほとんどなし。販売商品は自家製味噌・菊芋・アピオス・長芋が主。
4月より越冬したルッコラ、パクチー他、葉物野菜(水菜、小松菜、チンゲン菜、菜花など)や根菜類(カブ)中心。春収穫の長芋、不作によりほとんどなし。
5月からカブを中心に葉物野菜好調。
3月よりマルチャー導入と作付け面積拡大により生産性向上し、作付け量も昨年度より約1.5倍増。
4月から売上向上を計画して、種まきを例年より1週間早めの1月下旬より開始。ただし収穫開始時期は早まることはほとんどなし。結果予算対比96%、前年比も越えられず。
その悔しさで挑んだ5月は野菜の生育も順調で好調に推移。野菜セットの発送開始を4月30日から始めたことで売り上げに貢献。4月の累計マイナス分を取り返す。6月から厳しい計画数値となる29,000円/日。直売所出荷を積極的に実施。野菜セットの新規お問合せも好調で、月間発送箱数が100セットを超えたことも貢献し、計画超えを果たす。
特に5、6月の販売額増加が予算達成率に大きく寄与。
◆売り上げ増加に関するプラス要因、
① 農業に全神経を集中。農業以外のことが極力何もしない。
②お取引様の増加(業者様1軒、レストラン様1軒)
③畑の面積が約15aほど増えたため作付け量も増えた。。
④野菜の定期宅配開始が前年より1週間早かった。
⑤ホームページからの野菜セットのお問合せが増えた。
⑥昨年まではメイン直売所1か所であったが、計3店舗へ積極出荷。5年目でお客様の支持も上がり、直売所販売額が増加
⑦マルチャー導入により生産性が飛躍的に向上
◆マイナス要因
①作付け量は増えたが、収穫できずに畑で廃棄する野菜も増えた。
②配送業者が変更になったことで事務作業がやや煩雑になった。
③前半に野菜が集中し、6月後半から収穫できる野菜の種類が減ってしまった。作付けバランスが悪い。
④葉物野菜に病気や虫の被害が多かった。
⑤ヨトウムシ、カメムシが例年よりも大発生し、カリフラワー、人参、大根を中心に被害があり、生育不良となった。
【下半期に向けての課題】
①引き続き畑の土づくり
②畑の回転率向上(終了した野菜の早めの片づけ、部分的にでも片付けていく)
③7~9月の種まき、育苗、畑の準備を後回しにしない。特に7月が重要。そのためには
収穫できるものは早く収穫を終わらせる、だめだと判断した野菜は速やかに片付ける。
④1袋当たりの販売単価目標150円に近づけるための品質向上
⑤同時期に収穫できる野菜の種類を常時20種類以上キープするよう意識する。
⑥新品トラクター購入(160万円の大投資)。
【下半期行動指針】
早い梅雨明けにより夏野菜の生育不良が予想される厳しい状況。
気を抜かない、自分に負けない。他人を気にしない。
今の判断と行動が3か月後に影響することを念頭に置き行動する。
一度やり始めたら徹底的に仕事にとどめを刺す。
売り上げが目的ではない。うちの野菜を心から喜んでいただける方のために野菜を育てる。そのために妥協はしない。
野菜への敬意と愛を忘れない。
売上を上げるためには生産性を向上させること。
生産性を上げるために最も簡単な選択肢は「雇用」であるが、現状は継続して一人当たりの労働生産性を上げることに注力。アイデアと仕組み作りで伸びしろを増やす。多品目栽培や野菜セット販売は効率面から考えるとマイナスである。利益率の高い品目に絞り、お取引様もできる限り絞っていくことで効率的に売り上げを伸ばせることは明確であるが、経営目的からするとその選択肢はなく、またそれは私にとって面白くないのである。非効率なやり方をいかに効率的にしていくかが優先事項であり、結果として差別化となる。
いつも応援ありがとうございます!
以上
2018年度上半期決算