fc2ブログ

◆信州松代 みやざき農園◆ ~畑の日誌~

長野市で四季折々、年間100種類以上のオーガニックな野菜たちを、まごころ込めて育てます。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【売り上げ目標について】

久しぶりに経営の話。

就農9年目。
毎年前年の自分を越えることを目標に日々PDCAをし続ける。
その結果は当然、数字となって現れる。
2022年7月現在、今月も月間売上高過去最高金額を達成できた。昨年超がんばってたたき出した売上を、今年も超えることができた。前年比も100%超えている。中身はいろいろと反省点が多いが、結果は出せている。

農業経営の第一目的は「売上」ではなく、「お客様の笑顔」
私にとってこれは最初から変わらない前提である。
それでも「売上」はその思いを継続し続けるために必要なものでもある。

自分にとって「適正な売上」とはどの程度なのかを就農した頃から考え続け、今現在私に適正な「売上」は800万円前後かと考えている。

実際は「売上」よりも重要な数字は、「利益」である。
「利益」は自分生活に必要なお金を得ることと、事業を継続するために必要である。

800万円の「売上」でも、経費が700万円であれば「利益」は100万円。
500万円の「売上」でも。経費が100万円であれば「利益」は400万円。

つまり、いかに自分にとって必要な「利益」を確保するかが重要である。
1000万円を売上げる方法は知っているが、それを求めて農業をしているわけではない。

そんな前提の中で、私に必要な年間の生活費および、今後事業を継続し続けるために必要な費用を考えると、必要な「利益」を400万円と想定している。
大した物欲のない私には年収400万円あれば充分笑って暮らせるということ。
その400万円の「利益」を確保するために必要な「売上」が、今の私の実力の場合、800万円くらいなのかと考えている。

昨年就農8年目にしてようやく「売上」800万円を達成した。
しかしながら利益は400万円とはならなかった。
次のステップはいかに適正な経費管理ができるかだと思っている。
今後の売り上げ目標は800万円~900万円程度を上限として、いかに中身をブラッシュアップして、効率化を図り、利益率を上げるのか。それが私の課題である。
これは経費管理も重要であるが、適切な作業割当も重要である。
今は相変わらず無駄が多い。
リスクヘッジのために種まきを多めにする、野菜を想定よりも多く作付けする。
それは技術不足を補う手段である。
あるいは、野菜をたくさん作付けしてみたが、結果として想定よりも収穫量が多く、手が回らない状況となり、結局無駄な手間と経費を浪費していることになる。これは計画の精度が低いことが原因である。
来年以降に向けてもう少しそれぞれの適正値を意識しようと思う。

こうして日々、数字と行動を意識して振り返って、改善し続ければ、結果は良くなる。
そう信じて今後も自分らしい農業、自分にあった農業経営を追求していこうと思う。

今年の「売上計画」も830万円。
現在計画比108%。
毎年予期できない様々なイレギュラーなどはあるが、それでも日々細かい反省と修正をし続けて、結果が出せていることは自分の実力だと思っても良いだろう(大した目標ではないが)。

自分には大した能力がない。だからこそ日々のコツこととした努力を積み重ねるしかない。
若かりし頃からそう思いながら、積み重ねた結果が今の結果につながっている。

「努力は人を裏切らない」
好きな言葉の一つである。
スポンサーサイト



Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【物事をはっきりということ(農場主の性格)】

私はどちらかといえば自分に厳しいし他人にも厳しい人間だと思う。
自分に対して厳しいのはさておき、他人に対して厳しいのは優しさが足りないのか。

私は相手からアドバイスを求められたなら、人の欠点や現状の問題点をはっきりと指摘する。相手の短所や欠点や未熟な部分を伝える側もリスクがあるのは十分承知である。
できない現実を突き付けられることは多くに人にとって傷つくことのようである。
その発言はその人の行動や能力を評価しているのであって、その人の人格を否定しているわけではないのだが、経験的に自分のダメな部分を指摘されると感情的になったり、下手をすると行為で指摘したことで嫌われたり、縁が切れたりする(笑)場合がある。
基本的には相手からの要望でアドバイスをしているはずなのに、感謝されることの方が少ないかもしれない。
こういったリスクを回避するには、はっきりと現実を伝えない方がいいのかもしれない。
でも逆にこのことで嫌われるような人間関係は不要だとも考えている。

私にとってはっきりとダメなことを指摘することは、本気で向き合うことであり、最大限の優しさだと認識している。
もし自分だったら正直にダメなところを指摘してもらった方が嬉しいし、相手の本気さが感じられるからその人を信用できる。
だから物事をはっきり言う。
そもそも期待していない人間には何も言わない。

嫌われることを恐れない。誰にとっても良い人になるつもりはない。
これが私の短所かもしれない。
こういう人間ですがよろしくお願いします。
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【継続こそ力なり】

4月のブログ、ギリギリ間に合いました(汗)

「継続こそ力なり、日々の努力は継続されることにより信用を生み、信用は力を生む」

前職の会社の理念の一つであり、好きな言葉に一つです。


私は農園開業時から毎日facebook(と数年前からInstagram連携)で畑の様子を発信することを決めて、8年間欠くことなく現在まで継続しています。
私のような小さな農園でも、ホームページやSNSなどにより、多くの方に必要な情報を簡単に提供することができます。
この目的は私の野菜をご利用いただいているお客様に少しでも日々の畑や農場主の様子をお伝えするためと、自分自身の作業日誌として記録に残すためです。つまらない内容ではありますが、そのおかげもあり、素敵なお客様との出会いのチャンスをいただき現在に至ります。

一方で、このような方法で気軽に情報が入手できることのデメリットも多く感じております。
直接コミュニケーションのない情報というものは、良い部分のみの情報だけを発信することができたり(ネガティブな部分は隠すことができる)、情報自体が誇張されていたり(嘘ではないが大げさであったり)、現実とは異なる場合があることも多いと感じます。
また、発信している人のメッセージと、その人間性が一致しないというケースもあると思います(SNS上ではとても素晴らしいことを述べているが、実際に関わってみると不誠実であったり・・・)。

だから私は、基本的にはそういったネットなどで発信される言葉をすぐに信用しません。
それが本当であるかどうか、信用するに値するかは実際に相手と会話をして確かめることにしています。
また私自身、大げさに情報を発信することなく、淡々と状況を発信するよう意識しています。
例えば、無農薬だから美味しいとか、安全だとかは言わない。もちろん自分自身はそのような野菜たちを食べたいからそういう野菜づくりをしている。但し決めるのはお客様であり、判断するために必要な情報をお伝えすることが私の役割であると考えています。

もう一つ私の農園では開園時から変わらず実施していることがあります。
私の農園では、野菜のお問い合わせがあると必ず電話で会話をするようにしています。基本的に電話や直接お会いして会話をしない方との取引はしないと決めております。
大変面倒なシステムで申し訳ございません。

その代わり、結果としてそうしたプロセスを経てご縁をいただいたお客様やお取引先様の多くは長期間のお付き合いとなっており、そういった素敵なお客様、お取引先様との関係が少しずつではありますが年々増え続けることで、私たちの確固たる基盤となっております。

突然ですが、こんな情報だけで信用しないでください!

「野菜の写真が奇麗」
「伝えているメッセージが素晴らしい」
「発信している文章に書かれているこだわりがすごい」

仮に私の農園に興味を持ってくださるきっかけが、このような誰が見てもわかりやすい情報であったとしても、これらはごく一部の情報であり、興味を持っていただくきっかけとなることは大変嬉しいことですが、これだけで判断しないでください。

発信されている情報が本当かどうか直接確かめてください!

我々は非常に頑固な農園です(笑)。
誰にとっても優しい農園ではありません。
お互いが共通する価値観を感じることができたら、素敵なお付き合いをさせていただきたいと思っています。逆にギャップを感じたならばお付き合いすべきではないと思っています。

こちらも同様にして、お客様を選ばせていただいております。
価値観が合わないお取引先様、お客様とはお付き合いしないことにしています。
途中で価値観が変わったと感じた場合、信用できないと感じた場合もお取引を止めさせていただいております。
偉そうで恐縮ですが、お互いにとって気持ちよく、継続的にお付き合いするために必要なことだと思っています。
私は私の野菜を心から必要としてくれる方のために野菜を育ててお届けしたい。そうでない人のために毎日必死に汗をかいて、命を削って、苦労して育てた貴重な野菜たちを譲りたくない。
ただそれだけです。

開園から変わらず継続していること。
大した行動ではありませんが、改めて振り返ってみても変わらないことの強さ・安定感が我々の強みであり(欠点でもある)、現在お付き合いのあるお取引先様やお客様との素晴らしい関係性が継続されています。
信頼を得るのは簡単ではありませんが、信頼を失うのは簡単です。

だからこそ、
「継続こそ力なり」

誰でもできることを、信念をもって変わらずやり続けること。
すぐに結果は出ませんが、数年後に大きな差別化となることだと実感している9年目の春です。


春のカブ

Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【お取引をするうえで重要な基準】

基本的に私がお取引をするときに必ず大切にしていることがあります。
それは直接お会いするか電話にて直接会話をすること。
効率はあまりよくないです。
しかしメールのやり取りだけでの野菜の売買はしないし、ネットショッピングでショッピングカートに入れて購入することはできません。
ただし地元の直売所コーナーにおいては唯一例外です。これは私の野菜を購入したいとお問い合わせくださるお客様の存在があり、その方が自分の都合の良いときに選んで野菜を購入していただくために一部陳列させていただいています。(感謝)

何故、このような販売の仕方をするのか。
それは夫婦二人だけで丹精込めて育てた限りある野菜だから。
偉そうに聴こえたら恐縮ですが、お客様が自分たちの食べる野菜を選ぶように、我々も自分たちの野菜をご利用する方がどのような人なのか選びたいと思っているのです。

自分たちの限りある野菜を心から購入したいと思っていただける方にお渡ししたい。
お互い誠実に敬意をもって関係性を結べる方にお渡ししたいと思うわけです。
だから、いくらお金を積まれても、条件が良くても、どんなに偉い方・有名な方であったとしても、不誠実な方、敬意のない方には野菜はお譲りしません。
我々は単に野菜とお金を交換するために農業経営をしているのではなく、
野菜を通じて生産者と消費者がそれぞれの想いを実現することを大切にしています。
これが私の農園のスタンスです。

今までも、そしてこれからもこのスタンスは変わりません。

だから今お付き合いのあるお客様、お取引先様とは、そういう関係性の中でお付き合いができているということです。このことが本当にありがたく、仕事のモチベーションになっております。

しかしながら残念なことにその関係性が崩れる場合もあります。
それは何らかの原因で、どちらかが相手に対して「誠実さ」と「敬意」が薄れたと感じたときです。

 私にとっての「誠実さ」「敬意」とは、「礼儀」と「尊敬」をもって関わることを意味します。
 もう少し具体的に言うと礼儀とは約束を守ること(守れない約束はしないこと)だと思っています。
 これはとても簡単なことであり、何の能力も必要ありません。だからわかりやすい基準なのです。
それでも状況によりそれができなくなることもあります。人間だから失敗することもあります。万が一約束を守れなかった、失敗したら素直に謝り、その後今まで以上に誠意をもって対応する姿勢があれば、「信頼残高」がマイナスになることはない。
しかしながら、その「誠実さ」や「敬意」がないことに後から気がついたり、もしくは考え方が変化して薄れていくことがある。
その時は残念ながらお取引を辞めさせていただく。
難しいことは一切求めていません。ただそれだけの事です。
例外はありません。
もし私が不誠実な対応をしたと感じたら遠慮なく叱ってください!
(ただし相手が不誠実な人間だと判断したら、私も同様の態度で対抗することがあります(笑))

そんな頑固な農場主とお取引をする覚悟がある方大歓迎です。
IMG_1701 (1)
Posted by みやざき農園代表 宮崎康介   0 comments   0 trackback

【嘘はつかない、損得ではなく善悪で判断する】

食品表示偽装に関するニュースを見て感じたこと。
「お客様に安心感を提供したい」

私には「成功して人に認められたい」という欲求があります。
では、「自分にとっての成功とは?」「どのように認められたいのか?」と考えてみると、
お金をたくさん持っていることや地位や名声ではないと断言できます。
これらの評価はその瞬間はもてはやされますが、それ自体には何の価値もないと思います。
そしてこれらの評価で得た評価は、比較的簡単に失われる気がします。

私にとっての良い評価とは、
「あなたの仕事(活動)があって良かった、元気をもらえる」
そう思ってもらえることなのだと思います。

決して目立ったことをしなくてよい。
コツコツと日々の努力と創意工夫の積み重ねによって得られた「小さな成果」を評価してもらえることがこの上ない幸せと達成感につながります。

私たちの価値観、
自分たちが楽をするためだけに利益を追求する働き方はしない。
自分たちにとっても関わるお客様にとっても等しく価値のある成果、意味のある結果を出したい。
利益は出すけど自分たちだけが得をして社会貢献を全くしない会社は嫌だ。
自分の仕事(活動)が誰かの幸せに関わっているかどうかが重要だ。
日々成長(昨日の自分を越える)を感じられる生き方をしたい。そのために全力で努力したい。

「どうやって利益を出すか」経営者の端くれとして常に考えてます。
では、
「何のために利益を出さなければならないのか。」
それは、
自分たちが最低限幸せを感じられる生活をするため
自分たちが正しいと思っていることを維持継続するため
お客様によりワクワクしてもらうため。

そのためにいつも大事にしていること
「物事の判断基準」
それが道徳的に正しく、自分にとって後ろめたい思いがなく、多くのお客様から支持され、人の道に外れていないか。自分たちにとって都合がよいのかどうかではなく、「人間として何が正しいのか」ということを判断の基準にします。

「損得ではなく善悪で判断する」

好きな言葉の一つです。

BMAS6651 (1)


我々は栽培に関して嘘はつきません!
開園以来、農薬、化学肥料、ホルモン剤、除草剤は一回も使用していません。
ただし、やむを得ず種子消毒された種子を使用することはあります。
風に乗ってほかの畑から農薬が飛んでくる可能性は否定できませんが、その影響を受けないよう努力と工夫をしております。できるだけゴミを出したくありませんが、プラスチック資材を使用しています。

ここに宣言しておきます。